柄本佑監督短編集

ippo イッポ

TASUKU EOMOTO X KAZUHIRO KATO
INTRODUCTION
素敵な俳優たちと作った、真面目で不思議な短編集
近年、映画にドラマに、ますます活躍の幅を広げる俳優の柄本佑。2021年「アクターズ・ショート・フィルム」(WOWOW)に監督として参加し、短編『夜明け』(主演:森山直太朗)も監督した彼ですが、実はそれ以前からすでに何本もの短編を自主製作で監督していました。
『ippo』は、そんな柄本佑が2017年から2022年のあいだに撮った3本の短編をまとめた短編集です。そして3本すべてが、ひとりの作家による演劇戯曲を原作としています。劇団東京乾電池に所属し、柄本の旧知の仲であり、ユニット「曖昧なカンパニー」も主宰する劇作家・演出家の加藤一浩です。ゆえに今作はふたりによる連作集的な意味合いもあります。
ユーモアと知性に溢れた加藤の戯曲に、柄本佑が「映画」という新たな息吹を与えました。
そしてこの短編3本すべてが、男ふたりの物語です。演じるのは、これまた素敵な俳優たち。
『ムーンライト下落合』で久々に再会する友人ふたりに加瀬亮と宇野祥平。『約束』の兄弟に渋川清彦と柄本時生。『フランスにいる』の画家とそのモデルに加藤一浩と高良健吾。また柄本佑が主演も務めた『きみの鳥はうたえる』(18)の四宮秀俊が全編撮影を担当。ほかにも映画監督の三宅唱や俳優・映画監督の森岡龍らが助監督で参加している作品も。
俳優もスタッフも、柄本が一緒に映画を作りたい人々に声をかけ、小さなチームで丁寧に撮りあげた3本の短編たち。真面目で不思議、ユーモラスでセンチメンタル、そしてときに楽しくも不条理なその世界を、ぜひ味わってみてください。
DIRECTOR'S STATEMENT
FILMS
『ムーンライト下落合』
2017年/30分
肌寒さを感じる、ある春の深夜。東京・下落合にある長田(加瀬亮)のアパートに、友人の三上(宇野祥平)が泊まりにきている。久しぶりの再会だ。眠れぬ夜を過ごすふたりは、互いのいまを探り合うように会話を続ける。
撮影:四宮秀俊|照明応援:竹本勝幸 蟻正恭子|録音:魚野智生|整音・効果:黄永昌|助監督:三宅唱 森岡龍|製作:柄本佑 松井宏|制作主任:佛木雅彦|タイトルデザイン:可児優
出演:加瀬亮 宇野祥平
『約束』
2022年/27分
梅雨どきのある日。昔ながらの団地の一角の広場に、ふたりの兄弟がいる。スーツ姿の兄(渋川清彦)と作業着姿の弟(柄本時生)。ふたりはどうやらお金に困っている様子なのだが……。
撮影:四宮秀俊|音響:黄永昌|助監督:滝野弘仁|制作主任:飯塚香織|撮影助手:村上拓也|制作助手:前田明|制作応援:鈴木徳至 橋本大駕|製作:柄本佑 松井宏|タイトルデザイン:可児優
出演:渋川清彦 柄本時生 西村順乃介 西村廉乃介
『フランスにいる』
2019年/17分
フランスの、ある田舎町。一人旅をする日本人の男(高良健吾)と、同じく日本人の画家(加藤一浩)。画家はいままさに、自分のアトリエで男の肖像画を描こうとしている。全編iPhoneで撮影された1本。
撮影:四宮秀俊|音響:黄永昌|助監督:登り山智志|監督助手:小林瑛美|制作主任:鈴村悠|制作応援:細野牧郎 宮﨑輝|車両:岩井克人 吉田大樹|製作:柄本佑 松井宏
出演:高良健吾 加藤一浩
STAFF
PROFILE
監督
柄本佑えもと・たすく
1986年東京都生まれ。映画『美しい夏キリシマ』(03/黒木和雄監督)で映画主演デビュー。2018年『きみの鳥はうたえる』(三宅唱監督)、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(冨永昌敬監督)、『ポルトの恋人たち -時の記憶-』(舩橋淳監督)などにより、キネマ旬報ベスト・テン最優秀主演男優賞、毎日映画コンクール最優秀男優主演賞などを受賞。その他、主な出演作に『GONINサーガ』(15/石井隆監督)、『火口のふたり』(19/荒井晴彦監督)、『アルキメデスの大戦』(19/山崎貴監督)、『痛くない死に方』(21/高橋伴明監督)、『心の傷を癒すということ-劇場版-』(21)、『殺すな』(22/井上昭監督)、『ハケンアニメ!』(22/吉野耕平監督)、「空白を満たしなさい」(22/NHK)、「初恋の悪魔」(22/NTV)など。また監督作品として第18回あきた十文字映画祭でお披露目した『帰郷★プレスリー』(09)や『夜明け』(『アクターズ・ショート・フィルム』(21/WOWOW)などがある。公開待機作として『カラダ探し』(22/羽住英一郎監督)、『シン・仮面ライダー』(23/庵野秀明監督)など。
脚本
加藤一浩かとう・かずひろ
1972年愛知県生まれ。早稲田大学中退。1997年、劇団東京乾電池に入団。以後、劇作家・演出家として活動中。劇団主催のワークショップや所属事務所であるノックアウト主催の俳優研究所「アクターズ・ラボ」にて専任講師、また2011年より城西国際大学メディア学部にて兼任講師も務めている。2008年、戯曲作品『黙読』が第53回岸田國士戯曲賞の最終選考にノミネート。ほか主な戯曲作品に『イリーニャの兄弟』、『コーヒー入門』、『たぶん散歩中』(特別編集「せりふの時代2021」収録)、など。また短編オムニバス映画『風雲』(10)の1本である『アジアンテイスト』を監督。自身が主催する「曖昧なカンパニー」では多様な表現が融合した、ジャンルの曖昧な舞台作品を上演している。
CAST
PROFILE
加瀬亮かせ・りょう
1974年神奈川県生まれ。生後まもなく渡米し7歳までアメリカ合衆国のワシントン州で過ごす。2000年にスクリーンデビュー。 2004年公開の『アンテナ』(熊切和嘉監督)で映画初主演を果たして以降、周防正行監督『それでもボクはやってない』(06)、クリント・イーストウッド監督『硫黄島からの手紙』(06)、北野武監督『アウトレイジ』(10)、アッバス・キアロスタミ監督『ライク・サムワン・イン・ラブ』(12)、ホン・サンス監督『自由が丘で』(14)、森崎東監督『ペコロスの母に会いに行く』(13)、山田太一脚本ドラマ「ありふれた奇跡」(09)、堤幸彦監督『SPEC』シリーズ(10〜13)など映画を中心にテレビドラマ、CM、舞台等、メジャー、インディペンデントを問わず、国内外の作品に出演。主な受賞に第31回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、第50回ブルーリボン賞、第32回報知映画賞、第14回アジア・フィルム・アワード最優秀助演男優賞がある。
宇野祥平うの・しょうへい
1978年大阪府生まれ。2000年デビュー以降、数多くの映画に出演。近年の主な映画出演作に『罪の声』(20/土井裕泰監督)、『恋するけだもの』(20/白石晃士監督)、『いとみち』(21/横浜聡子監督)、『シュシュシュの娘』(21/入江悠監督)、『前科者』(22/岸善幸監督)、『とんび』(22/瀬々敬久監督)、『ビリーバーズ』(22/城定秀夫監督)、『アキラとあきら』(22/三木孝浩監督)、『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』(22/白石晃士監督)、『さかなのこ』(22/沖田修一監督)など。公開待機作に『“それ”がいる森』(中田秀夫監督)、『わたしのお母さん』(杉田真一監督)、『あちらにいる鬼』(廣木隆一監督)、『夜、鳥たちが啼く』(城定秀夫監督)などがある。
渋川清彦しぶかわ・きよひこ
1974年群馬県渋川市生まれ。モデルを経て、1998年に豊田利晃監督『ポルノスター』で映画デビュー。以降、多くの映画やドラマなどで活躍する。2015年、大崎章監督『お盆の弟』と越川道夫監督『アレノ』で、ヨコハマ映画祭主演男優賞を受賞。近年の主な出演作に『モーターズ』(15/渡辺大知監督)、『月夜釜合戦』(17/佐藤零郎監督)、『追憶』(17/降旗康男監督)、『菊とギロチン』(18/瀬々敬久監督)、『半世界』(19/阪本順治監督)、『柴公園』(19/綾部真弥監督)、『ばるぼら』(20/手塚眞監督)、『酔うと化け物になる父がつらい』(20/片桐健滋監督)、『偶然と想像』(21/濱口竜介監督)、『生きている。』(22/豊田利晃監督)、『キングダム2 遥かなる大地へ』(22/佐藤信介監督)など。
柄本時生えもと・ときお
1989年東京都生まれ。2003年、『すべり台』(05/アベユーイチ監督)のオーディションに合格し、主演デビューを果たす。『俺たちに明日はないッス』(08/タナダユキ監督)など同年数々の映画で活躍し、以降は舞台、映画、ドラマと幅広く活躍。近年の主な出演作に『聖の青春』(16/森義隆監督)、『彼女の人生は間違いじゃない』(17/廣木隆一監督)、『旅のおわり 世界のはじまり』(19/黒沢清監督)、『宮本から君へ』(19/真利子哲也監督)、『屍人荘の殺人』(19/監督:木村ひさし)、『海辺の映画館─キネマの玉手箱』(20/大林宣彦監督)、『記憶の技法』(20/池田千尋監督)、『BLUE/ブルー』(21/吉田恵輔監督)、『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画をつくったら~』(21/松居大悟監督)など。
高良健吾こうら・けんご
1987年熊本県生まれ。2006年『ハリヨの夏』で映画デビューを果たし、2007年には映画『M』(廣木隆一監督)で東京国際映画祭日本映画・ある視点部門特別賞を受賞。『軽蔑』(11/廣木隆一監督)で日本アカデミー賞新人俳優賞、『苦役列車』(12/山下敦弘監督)で日本アカデミー賞優秀助演男優賞、『横道世之介』(13/沖田修一監督)ではブルーリボン賞主演男優賞/日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞を受賞。近年の出演作に、『多十郎殉愛記』(19/中島貞夫監督)、『狼煙が呼ぶ』(19/豊田利晃監督)、『カツベン!』(19/周防正行監督)、『星の子』(20/大森立嗣監督)、『夏、至るころ』(20/池田エライザ監督)、『あのこは貴族』(21/岨手由貴子監督)、『くれなずめ』(21/松居大悟監督)、「天間荘の三姉妹」(22/北村龍平監督)、『あちらにいる鬼』(22/廣木隆一監督)などがある。
THEATER
都道府県 劇場 公開日
秋田県 あきた十文字映画祭 2023年2月4日(土)
宮城県 チネ・ラヴィータ 2023年2月17日(金)~2月23日(木)
東京都 ユーロスペース 2023年1月7日~(土)
栃木県 小山シネマロブレ 2023年2月17日(金)~3月2日(木)
愛知県 センチュリーシネマ 2023年1月20日(金)~2月2日(木)
大阪府 シネ・ヌーヴォ 2023年1月21日(土)~
京都府 出町座 2023年1月20日(金)~
兵庫県 元町映画館 2023年1月21日(土)~
広島県 福山駅前シネマモード 2023年2月3日(金)~2月16日(木) ※1/28(土)特別先行上映
福岡県 KBCシネマ 2023年1月27日(金)~